保育園以外にも求人がある!保育士が活躍する職場
ロゴ

保育士の資格が活かせる職業はこれ!求人の幅を広げよう

保育園以外にも求人がある!保育士が活躍する職場

先生と子供

保育士の資格を活かした職業

保育士の資格を活かせる職場は、保育園だけではありません。母子生活支援施設や助産施設、最近では企業内の中の保育施設や、学童保育でも活躍の場があります。千葉近郊でも保育士に関した職業の求人がありますので、「保育園」という括りにこだわらずに仕事を探してみるのもいいでしょう。

女の人

学童保育指導員

最近人気が出てきた職業は学童保育の指導員です。これは両親の共働きなどが理由で、留守家庭の小学生を放課後預かる施設の職員です。特に保育士の資格は必要ありませんが、資格所有者は優遇されるケースがほとんどです。

男女

家庭福祉員

最近は待機児童問題が深刻になってきています。そこで、家庭福祉員として自宅で子どもを預かる取り組みが増えています。一般的に保育ママと呼ばれており、地方公共団体空の認定が必要となりますが、個人として保育士の仕事に従事することができます。

保育士の資格を活かせる人気の施設

ウーマン
no.1

児童館

一位は児童館です。赤ちゃんや未就学児が父母と一緒に来たり、午後は学校を終えた小学生が遊びに来たりします。イベントを行うことで、たくさんの子どもや地域の方とも触れ合えるのでやりがいも大きな仕事です。

no.2

企業内保育

二位は企業の施設です。大きな企業などに増えていますが、会社の建物内のフロアや、その近くに保育園が併設されています。父母が同じ企業内に勤めていることが多いため、どうしても同時に休みが必要になる運動会などの大きなイベントが少ないのが特徴です。

no.3

助産施設

出産や育児経験のある保育士資格保有者に人気なのが、三位の助産施設です。産婦人科などで、助産師だけでは対応仕切れない業務のサポートを行ないます。余裕を持って生まれたばかりの赤ちゃんをケアできるということで、最近は需要も高まっています。