ロゴ

保育士として働く!求人を見て自分に合った環境で働こう

保育士として働いてみたい方に!

千葉付近で、保育士として働くことを考えている方もいるかと思います。最近は保育士の働く環境についても話題が上がることも増えてきました。そこで、働きやすく自分に適した職場などを見つけるためのポイントを紹介していきます。

自分の働き方を明確にして保育士の求人を探していく

女性

保育士が働ける場所

保育士といっても、働く場所は保育園だけではありません。児童福祉施設や託児所なども挙げられます。保育士としてどこで働くことができるのかをまずは確認しましょう。施設によって仕事内容などが異なってきますので、自分がどこで・どう働きたいのかを明確にして求人を確認していきましょう。

履歴書

働く上での理念はどうか

働く施設によって方針や理念は異なります。保育士として「このように子どもたちと関わっていきたい」という考えを抱いている方もいるでしょう。自分の理想と近い条件の保育施設で働くことができれば、仕事でのやりがいも得やすいでしょう。

婦人

自分が持ってい能力以上のものを求められないか?

施設の特徴によっては、特別な能力や技術を求められる場合があります。自分が持っている能力以上のことや指導を求められてしまうと、働き続けることは大変です。その可能性がある場合には、事前に確認をしておきましょう。

働きたい保育施設を見学する時のポイント

  • 園長先生やその他の先生の人柄
  • 働いている職員の年齢層
  • 園内の設備や雰囲気
  • 堰堤の広さや周辺の状況

自分に合った環境で働くために

求人広告だけでは実際の様子はわかりませんので、面接の際に見学を申し出ることがおすすめです。資格を活かして保育士として働くなら、やはり環境を事前に確認することは外せません。また、下記では実際に現場で働く保育士さんの、やりがいを感じる時を紹介します。

保育士の仕事でやりがいを感じるときランキング

男性と女性
no.1

子どもたちの笑顔や素直さに触れたとき

何といっても、やはり子どもが持つ笑顔のかわいらしさ、無邪気さや素直なところに触れられるのが一番の喜びだという方が多いようです。仕事なので大変なこともありますが、癒しや一緒に喜びを共有できるのはうれしいことです。

no.2

日々の成長を感じる

二位は、子どもたちの成長を感じた時です。子どもは初めは泣いていたり、自分から進んで動くことが苦手だったりしても、仲間と関わることで一日一日成長しています。小さなことが少しずつできるようになっていることを、ふとした時に気付いたときは感動的ですね。

no.3

イベントごとを一緒に楽しむ

三位はイベントごとを一つ一つ行っていくことで、一緒に体験して楽しみを分かち合うことができることです。準備に追われ忙しくても、子どもたちが運動会や発表会を成功させようと頑張る姿はうれしくもあり、励みになります。

[PR]
東京の保育士求人が沢山載ってる!
転職を検討しているなら要チェック!

[PR]
保育の求人から応募
働きたいところを探そう!