骨粗鬆症を防ぐ│様々な治療で効果的に治す

病院

骨が弱くなってしまうと

関節

骨に起こる症状はいろいろなものがあって、その中には国内で1000万人以上が発症しているといわれている骨粗鬆症という病気があります。この病気は簡単に説明しますと、骨密度が低くなることで骨がもろくなるという病気です。骨粗鬆症になってしまうとちょっとしたことですぐに骨折してしまい、骨そのものが弱っているので折れても元通りになるには時間がかかってしまうのが、この病気の特徴といえるでしょう。骨粗鬆症の治療法は三つあって、その一つが日々の生活で骨を強くする方法です。カルシウムや、骨に必要なビタミンを含む食品やサプリメントを摂取することで治したり、軽い運動をして骨を成長させたりすることで治療することができます。この方法は毎日行なうことで病気を防ぐので、できるだけ早めに行なわないと効果を発揮しない可能性があるでしょう。次の方法は病院で検査を受けて骨粗鬆症と診断された時に、渡される薬を飲んで治療する方法です。病院で渡される薬には、カルシウムの吸収と骨の形成を促すための成分が含まれています。この方法はずっと病院から薬をもらう訳にはいかないので、この薬と毎日の食事と運動と合わせて効果的に治すようにしましょう。最後は様々な方法を合わせて行なう統合医療という方法です。現代医学と漢方を使用する東洋医学などを合わせることによって、骨粗鬆症の症状を根本的に治すことができるといわれています。このような治療法がありますが、一番は日々の生活を見直していけば、この病気以外も予防することができますので生活習慣を改めることをおすすめします。

血液の流れを良くする

血管内

血液を採取してそれにオゾンガスを混ぜた状態の血液を、また身体に戻すことで血液の流れを良くすることができます。この治療を血液クレンジングといい、大阪では多くの病院がこの治療を行なっています。

More Detail

細胞を利用する治療

病院の廊下

人の身体にはプライマリーセルという細胞があって、この細胞には身体の治癒能力を引き出すといわれています。これを使用することで臓器移植などの手術をせずに臓器の治療をすることができるのです。

More Detail

病院が行なうサービス

入院患者

病院では人工透析を行なっている患者さんのために、送迎サービスを行なっています。この治療は定期的に病院に通わないといけないため、送迎することによって体力的負担と経済的不安を解決することができます。

More Detail